不妊治療にかかる費用の通算額平均は約140万円

2014年02月27日

不妊治療にかかる費用の通算額平均は約140万円

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

不妊治療にかかる費用が通算でどれくらいになるのか、皆さん気になる所だと思います。

しかし、不妊治療にかかる費用は人によってかなり違うので、簡単にいくらということはできません。バッド(下向き矢印)

なぜなら、一口に「不妊治療」と言ってもそれほど費用のかからないタイミング法から、かなり高額なお金のかかる顕微授精まで治療法にも色々あるからです。

また、治療を続ける期間(つまり治療何周期目で妊娠できるか)も数ヶ月という方から10年以上という方まで様々なのです。

当然治療期間が短ければ費用は安く済みますし、治療が長引けば治療費は高くなるわけですが、治療期間がどれくらいで妊娠できるのかは誰にもわかりません。もうやだ〜(悲しい顔)

私の場合、不妊治療はほぼタイミング法のみで2年間行いました。

途中流産の手術などもあり、その費用を含めても不妊治療期間にかかった治療費は合計で30万円弱でした。

私の場合はかなり安く済んだ方だと思います。手(チョキ)

体外受精であれば1回で30万円くらいはかかってしまいますよね。

何年か前にニュースで見た内容では、不妊治療にかかった費用総額の平均は約140万円という事でした。

不妊治療費用総額.bmp

140万円と聞くと、正直金銭的に辛いなと感じてしまいますよね。ふらふら

しかし、これはあくまで平均値です。

金額別の割合を見てみると、約半数の方は100万円以下で済んでいます

何年治療を続けるかにもよりますが、タイミング法か人工受精での治療で済めば総額100万円未満で済む方が殆どでしょう。

体外受精や顕微授精での治療を行う方の場合、通算の費用は100万円を超える事は覚悟した方が良いかもしれません。バッド(下向き矢印)

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。