不妊治療でよく使われる3つのお薬の値段

2014年03月01日

不妊治療でよく使われる3つのお薬の値段

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

不妊治療をしていれば、内服薬を処方される事があり、処方されるお薬はその方の不妊の原因により沢山の種類があります。

しかし、いくつかのお薬は、不妊の原因に関わらず色々な目的で処方される事があるため、以下のどれかは処方されたことがあるという方が多いのではないでしょうか。わーい(嬉しい顔)

お薬も毎周期飲めば費用がかさみますので、値段は気になりますよね。

そこで今回は、不妊治療でよく用いられる3つのお薬の主な効能と薬価をまとめてみました。

1) クロミッド

クロミッド.bmp

排卵誘発剤の一種で、低温期に服用

排卵障害がなくても、質の良い卵子を育てる目的や、沢山の卵子を育てる目的で処方されることも多い。グッド(上向き矢印)

薬価 1錠約100円。

通常5日分処方され、保険適用で500円前後

2) ルトラール

ルトラール.jpg

黄体機能不全の方に主に処方され、高温期に服用する

黄体機能不全でなくても、より着床を確実にするためや流産予防などの目的で処方されることも多い。手(チョキ)

薬価 1錠約30円

通常14日分処方されるが、1日1回の方から1日3回分処方される方まで色々。

1日2回14日分、保険適用で1300円前後

3) デュファストン

デュファストン.jpg

ルトラールと同じ目的で処方され、飲み方も同様に高温期に服用する

薬価 1錠約40円

14日分処方され、保険適用で1500円前後

以上のような感じです。

お薬代に関しては、保険適用になっている病院であればそれほど差はないはずなので、あまりにも高いなど不安に思ったら病院に問い合わせてみた方が良いかもしれません。病院

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。