体外受精でも少し安く済む!自然周期体外受精

2014年03月05日

体外受精でも少し安く済む!自然周期体外受精

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

体外受精というと、一般的には、排卵誘発剤などを使い卵胞を育てる、「刺激周期」の事を指すのが殆どです。

しかし、排卵誘発剤などで卵巣を刺激せず、その方が自力で排卵するのを待ってそれを採卵するという自然周期体外受精というものもありますexclamation

自然周期体外受精.bmp

こちらですと、低温期の処置が殆ど省かれますから当然治療費はお安く済みますよね。

実際どれくらいの費用でできるのかというと、私が調べた限りではでは15万円〜25万円という病院が多かったです。

刺激周期の体外受精ですと、1回につき30万〜40万円はかかりますから、かなり安く済みますよね。手(チョキ)

しかし、良い事ばかりではありません。

自然に排卵を待つということは、排卵障害があり、なかなか排卵しないという方はこの治療法は難しいでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)

また、排卵誘発剤を使用して卵胞を育てると複数の卵胞が育ち、卵子を複数採卵する事ができます。

しかし、自然周期ですと、採卵できる卵子の数はたいて1個か2個ですので、卵子の質が悪い方ですとなかなか成功しないかもしれません

採卵できる卵子の数に限りがあるので、体外受精をするたびに採卵しなくてはならないというのもリスクの一つとなるでしょう。バッド(下向き矢印)

私としては、刺激周期でも沢山採卵でき、凍結できた場合は、次回から採卵をしなくて済み、安くなる事が多いので、一概に自然周期の方が費用的にとても安いとは言えないと思います。

また、自然周期の体外受精を行っているクリニックによっては、体外受精の費用を少し安く設定している代わりに、妊娠したときに成功報酬として30万〜40万円支払うような方法を取っている病院もあります。病院

1回に払う費用が安いので、お得感がありますよね。

しかし、何度目の治療で成功するかにもよりますが、結局刺激周期の体外受精よりも費用がかかったという話が結構あると聞きますので、病院選びには注意が必要です

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。