体外受精・顕微授精の方は特定不妊治療費助成事業を活用しよう!

2014年03月06日

体外受精・顕微授精の方は特定不妊治療費助成事業を活用しよう!

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

特定不妊治療費助成事業という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

簡単に言うと、不妊治療にかかった費用の一部を自治体が助成してくれるというものです手(チョキ)

但し、不妊治療を行っている全ての方が助成金を受け取れるというわけではありません。

対象となるのは、体外受精と顕微授精で治療をしている方です

金額は1回に付き、採卵も行えば15万円、採卵を行わず以前の凍結胚を使用したり、採卵できずに中止した場合は7万5千円が支給されます

しかし、何度でも支給を受けることはできません。もうやだ〜(悲しい顔)

年に2回まで、通算で5年(つまり10回ということになります)までの支給です

正直、体外受精にせよ、顕微授精にせよ、この金額で治療費全てを補う事はできませんよね。バッド(下向き矢印)

体外受精で、費用が安く済む病院を選んで、せいぜい半分くらいまかなえるというところではないでしょうか。

そのため、実際に体外受精や顕微授精で治療を行っている方は、この助成の内容にはあまり満足していない方が殆どなようです。

助成費満足度.bmp

しかし、頂けるのと頂けないのとでは大違いですので、体外受精や顕微授精で治療を受ける予定の方は、詳しく、病院か自治体に申請の方法などを確認した方が良いでしょう。ビル

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。