不妊治療の助成金をもらうために必要な5つの条件

2014年03月08日

不妊治療の助成金をもらうために必要な5つの条件

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

体外受精や顕微授精を行う方は金銭的にかなり多くのお金がかかりますから、ぜひとも助成金は貰っておきたいところですよね。手(チョキ)

それ以外の方も、治療が長引けば当然お金がかかりますから、もらえるのならば貰いたいと思います。

助成金.jpg

しかし、残念ながら、不妊治療の助成金は、不妊治療を受けていれば必ずもらえるというものではないのです。がく〜(落胆した顔)

以下の条件を満たしていない場合は助成金を受け取る事が出来ませんので、よく確認してください。

1) 対象となるのは体外受精と顕微授精のみ

2) 体外受精か顕微授精でしか妊娠は望めないと医師により診断を受けている事

3) 夫婦合わせて世帯収入が730万円未満である事

4)戸籍上の夫婦であること

5)指定医療機関で治療を受けている事

ここで注意が必要なのは5)の指定医療機関です。病院

この指定医療機関というのは、各自治体が指定している病院の事で、各自治体に問い合わせをすれば確認する事が出来ます。

たとえ体外受精や顕微授精で治療をしていたとしても、この指定医療機関でない病院で行ったら助成金を受け取る事が出来ませんバッド(下向き矢印)

ですから自分が治療を受ける病院が指定医療機関かどうか必ず確認するようにしてください。

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。