注意!体外受精や顕微授精の費用は高額医療費の対象外

2014年03月10日

注意!体外受精や顕微授精の費用は高額医療費の対象外

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

体外受精や顕微授精は1回の治療に高額な費用がかかりますから、当然高額医療費の対象になると思っている方が結構いらっしゃるようです。

しかし、体外受精や顕微授精の治療費は、どんなに高額であっても高額医療費の対象ではありませんexclamation×2

高額医療費というのは、1ヶ月の間にかかった医療費の自己負担額が一定額を超えた場合、超えた部分のお金を返してもらえるというものです

一定額の具体的な金額は、その方の世帯の収入などで決まり、人によって変わりますので、以下の表を参考に計算してみてください。

高額医療費.jpg

この説明だけ見ると、当然体外受精や顕微授精も対象になるように感じますよね。

しかし、そもそもこの高額医療費の制度は、健康保険の制度なのです。がく〜(落胆した顔)

そのため、健康保険適用外の診療費については対象外となってしまいます。

体外受精や顕微授精は健康保険適用外の治療になるため、高額医療費として返金してもらう事は出来ないというわけですね。もうやだ〜(悲しい顔)

但し、不妊治療を行っていれば、OHSSなどで入院しなくてはならなくなったという事も起こりうることです。

その場合は入院日数等にもよりますが、高額医療費の対象になる可能性も有りますので、念のため、毎月かかった医療費は計算しておいた方が良いでしょう。

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。