不妊治療の中で一番費用がかかる治療は?

2014年03月13日

不妊治療の中で一番費用がかかる治療は?

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

不妊治療と一口に言っても、不妊の方全員が同じ治療を行うわけではありません。

タイミング法、HMG−HCG療法、人工受精、体外受精、顕微授精など、不妊治療には沢山の治療法があるのです

一体どの治療法を行うのかは、不妊の初期検査である程度原因を見極めてから決めることになります。exclamation

これから不妊治療を始めるという方は、自分は一体どの治療を行い、治療費はどれくらいなのかとても心配ですよね。

不妊治療の中で、一番費用がかかるのは、だんとつで顕微授精です

顕微授精.jpg

病院により治療費に違いはあるものの、顕微授精1回の治療費は40万円〜70万円というところが多いです。

次に費用がかかる体外受精より10万円以上費用がかかるということになりますね。がく〜(落胆した顔)

この話を聞くと、まだ不妊治療を始めていない方は、もし自分が、顕微授精を行うことになったらと心配になってしまうでしょう。

確かに、一部不妊の原因によっては、顕微授精でしか妊娠は困難というケースもあります。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、最初から顕微授精での治療を行うよう勧められることはあまりありません

タイミング法や人工受精から始まり、ステップアップして結果顕微授精を行うか否かという話になっていくでしょう。

また、不妊治療は高度治療でないと妊娠は難しいと言われても、強制的にその治療をさせられるということはありませんわーい(嬉しい顔)

ご家族や医師と相談して決めることになりますので、費用の面だけを心配しすぎて治療開始が遅れ、ますます妊娠しにくくなる事が無いよう、まずは病院で相談するのが一番だと思います。

私が体質を変えて妊娠できた方法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療費用のホンネ管理人 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。